• ホーム
  • 環境により増殖、抗真菌にも発癌性あるので注意

環境により増殖、抗真菌にも発癌性あるので注意

脂漏性皮膚炎は赤い湿疹があらわれる疾患です。
皮脂線が多く皮脂の分泌が多いところに発症しやすいです。
主に顔や頭皮などに起こります。
耳の後ろや太ももの付け根などにも起こります。
痒みを伴い赤みや皮膚が荒れてかさついた状態になり、皮膚が剥がれてくることもあります。
脂漏性皮膚炎とふけ症と間違えてる病気でもあります。
皮膚が剥がれてくることで勘違いすることも多いのです。
この脂漏性皮膚炎の原因となるのは、カビの一種であるマラセチア菌が異常繁殖することにより引き起こされる病気です。
マラセチア菌は普段から皮膚にいる常在菌ですが、皮脂が多い環境下では異常繁殖していまいます。
原因として、ストレスや洗顔や洗髪などの時のすすぎの不足や洗い過ぎなどもあげられます。
その他に生活習慣の乱れやビタミンBの不足もあります。
主な原因がマラセチア菌の異常繁殖なのでマラセチア菌の繁殖を抑える作用のある抗真菌薬を使用する事です。
この治療が基本となります。
脂漏性皮膚炎を治療する為には抗真菌剤入りのシャンプーを使用することが有効とされています。
抗真菌剤入りのシャンプーを使用することにより原因となるマラセチア菌の増殖を抑えることが出来るのです。
皮脂をしっかり落とすことが出来るので菌のコントロールが出来るのです。
そして脂漏性皮膚炎の殺菌、抑制の出来るシャンプーにはいくつかの種類があります。
体質にあわせて選ぶことが大切です。
抗菌作用が強いものですと逆にアレルギーなどを起こしてしまう場合もあるので選ぶ際には注意が必要になります。
海外輸入の抗菌剤入りのシャンプーもありますが、種類によっては発癌性が認められてはいるものもあるので、個人輸入する場合などには注意が必要です。

関連記事