抗真菌薬の主な特徴

きれいな脚と花

真菌とはカビや酵母の仲間で、医療などの専門的な呼び方として利用されます。
人に感染して様々な症状を起こす感染症には原生微生物が関与していて、細菌やウイルスと共に真菌も含まれます。
感染と聞くと体内に細菌などが入り込み、風邪やインフルエンザといったものが想像されますが、真菌は体内だけでなく皮膚の表層にまで感染することがあるため、多くの皮膚症状を起こします。
真菌の症状は大別して、皮膚症状を起こす表在性真菌症と、臓器や組織にまで及ぶ深在性真菌症の2つとなります。
真菌による感染症には抗真菌薬を用い、深在性真菌症には飲み薬を経口投与しますが、表在性真菌症は皮膚の浅い層に存在するため、クリームやローションといった外用薬を使用することがほとんどです。
外用薬は成分が人体の表面にしか届かないので、体内で取り込んで全身に作用する内服薬よりも副作用のリスクが少ないので、使いやすいという利点があります。
結果的に内服薬は医療用医薬品として処方が必要となっていますが、クリームなどの外用薬は一般用医薬品としてドラッグストアなどでも販売されているのです。
もちろん、一般用医薬品以外にも外用薬はあり、フロリードDクリームなどの治療薬は短期治療が可能で、原因菌に強い抗菌作用が期待できます。
フロリードDクリームのジェネリックであるミコゲルクリームで治療していくという手段もあります。
ジェネリックは価格が安いので、治療を継続して行っていく場合にはとてもオススメです。
抗真菌薬は文字通り真菌に対して効果を示す治療薬で、作用機序によって系統分けされていますが、大まかな作用は真菌が自身を守るために覆っている細胞膜を破壊することにあります。
人の細胞膜は主にコレステロールで出来ていますが、真菌はこれに似たエルゴステロールを主な構成成分とします。
抗真菌薬はエルゴステロールを阻害して間接的に細胞膜を破壊するか、全く別の形で直接的に破壊する方法が採られています。
真菌は細胞膜が破壊されると自身を守る方法がなくなり、正常な生育ができずに最終的には死滅するようになるのです。
結果的に殺菌的な作用を示すことから、真菌による感染症の治療に有意な方法として利用されています。

関連記事