News
脚にクリームを塗る女性

抗菌薬と抗真菌薬は名前こそ似ていますが薬としては全く別のものです。
ではどう違うのかというと、これは薬として対処出来る相手が違うのです。
まず抗菌薬は一般的に細菌に感染したことで引き起こされる細菌感染症に対して効果を示す薬です。
具体的な作用についてはそれぞれの薬で異なりますが、例えば細菌の細胞壁を破壊して形を保てなくしたり、タンパク質の合成に必要なリボソームを破壊してタンパク質合成を出来なくするなどの形で細菌を攻撃します。
これに対して抗真菌薬は細菌ではなく真菌に対して効果を示す薬です。
真菌とはざっくり言ってしまえばカビの仲間のことで、細菌が動物に近い構造をしているのに対して真菌は植物に近い構造をしています。
抗真菌薬も複数の種類があるために作用が異なりますが、例えば植物の細胞が有している細胞膜を破壊して構造を保てなくする、細胞分裂の過程を阻害して増殖を出来なくするといった形で真菌を攻撃します。
要するに細菌と真菌は全く異なるもので、抗菌薬と抗真菌薬はその全く異なる別の存在を破壊するものだということになるわけです。
そのため真菌感染症に対して抗菌薬を使うことは無意味ですし、逆に細菌感染症に抗真菌薬を使うことも無意味です。
実際のところこうした薬の違いは薬を処方する医師や薬剤師が知っている必要はあっても、個人単位でそこまで詳しく知っている必要があるのかと言われるとそうではありません。
基本的に患者は薬を処方してもらった医師や薬剤師の指示に従って薬を使えばそれで完治が見込めるからです。
ただ最近では個人輸入などの形で病院からではなく海外から直接薬を買うと言った人も増えてきていますから、もしそうした方法で薬を入手するのであれば必ず理解しておきましょう。

記事一覧

たむしは水虫の原因となる白癬菌が手足や股部以外のところに感染してしまった状態です。 同じ菌が感染した...

真菌で陰部が感染症になったときには、家庭でも利用することが可能な抗真菌薬を利用することによって治療す...

水虫は白癬菌という真菌の一種が皮膚に感染する事によって発症する病気であり、真菌に対して有効な抗真菌薬...

きれいな脚と花

真菌とはカビや酵母の仲間で、医療などの専門的な呼び方として利用されます。 人に感染して様々な症状を起...

きれいな女性と紫の花

水虫になってしまうと強い痒みや、皮膚のめくれ・ジュクジュク感などの症状が起こります。 辛い症状が続く...

女性の脚と花

主に外用薬として使われることが多い抗真菌薬ですが、その副作用はかぶれになります。 真菌を倒す医薬品で...

女性の脚

毎日入るお風呂ですが、実はお風呂である菌に感染してしまう恐れがあります。 その菌とは「白癬菌」です。...